1970s

乗りものニュース

【商業記事紹介】都営大江戸線の車両、なぜ狭い? 「普通サイズ」で計画されるも、小型化したワケ

乗りものニュースで、鉄道ニュースの解説、鉄道豆知識などの無料記事を不定期で執筆しています。 都営大江戸線の車両、なぜ狭い? 「普通サイズ」で計画されるも、小型化したワケ 乗りものニュース  686 s…

[1957-1973]地下鉄はまだか

フォークソング「地下鉄にのって」と丸ノ内線の半世紀―あるいは、ぼくときみの間にて

丸ノ内線の新型車両「2000系」がいよいよデビューしました。早くも3編成が営業運転に投入されているようなので、ツイッターでも目撃・乗車の報告が相次いでいます。2023年3月までに全53編成を置き換える計画で、これから1カ…

乗りものニュース(プレミアム)

【商業記事紹介】地下鉄工事はどう変わったか 「開削」から「シールド」へ

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。 月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれ…

乗りものニュース

【商業記事紹介】都営大江戸線が環状運転にならなかったワケ 都庁前駅はオイルショックで誕生?

乗りものニュースで、鉄道ニュースの解説、鉄道豆知識などの無料記事を不定期で執筆しています。 都営大江戸線が環状運転にならなかったワケ 都庁前駅はオイルショックで誕生? 乗りものニュース  879 sh…

[1927-1936]都市交通の立体化

駅員さんはコックさん―地下鉄にみる「食当」の歴史のはなし

24時間365日動き続ける鉄道の現場と切っても切り離せないのが食事です。伝統的に職場内で自炊してきた鉄道現業は、文字通りの「同じ釜の飯を食った仲」として働いています。食事を作る係は「食当(食事当番)」と呼ばれ、多くも人は…