【商業記事紹介】通勤電車は平成にこれだけ変わった! いまでは「当たり前」の座席・設備、いつから?

乗りものニュース

乗りものニュースで、鉄道ニュースの解説、鉄道豆知識などの無料記事を不定期で執筆しています。

通勤電車は平成にこれだけ変わった! いまでは「当たり前」の座席・設備、いつから?

同じ平成時代でも、その初めと終わりとで通勤電車は大きく変わりました。外観が銀色の車両が普及。車内設備も、座席やバリアフリーに関して、「いまでは当たり前」になっているものが次々と生まれました。

  • 座席はくぼみやポールで区切り付きに
  • 少しずつ広がった座席の幅
  • 平成時代に普及し、消えていった「多扉車」

関連記事

【商業記事紹介】磁気からICへ…平成の鉄道きっぷはITとともに進化 その変遷を振り返る

【商業記事紹介】平成の新幹線、どれだけ速くなった? 昭和の研究結実、360km/h運転は令和へ持ち越しに