【商業記事紹介】平成の新幹線、どれだけ速くなった? 昭和の研究結実、360km/h運転は令和へ持ち越しに

乗りものニュース

乗りものニュースで、鉄道ニュースの解説、鉄道豆知識などの無料記事を不定期で執筆しています。

平成の新幹線、どれだけ速くなった? 昭和の研究結実、360km/h運転は令和へ持ち越しに

昭和時代に生まれた新幹線は、平成時代に大きくスピードアップしました。昭和時代に築いた基礎と研究が実を結んだものですが、その後もコンピューターの進化などで高速化は加速。令和時代に向け新しい試験車両も登場します。

  • 新幹線高速化の「宿題」は国鉄からJR各社へ
  • 昭和時代のスピードアップ研究が平成時代に結実
  • スピードアップには立ちはだかる壁
  • コンピューターの進化がスピードアップの強力な後押しに

関連記事

【商業記事紹介】新幹線の延伸区間、なぜ最高260km/hなのか 九州・北陸・北海道…「速度制限」の謎

【商業記事紹介】北海道新幹線が狙う高速化、飛行機とのシェア争いは新局面へ?