【商業記事紹介】新幹線、開発中の新型車両の「鼻」がさらに長く伸びた理由

ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンドオンラインで鉄道時事ニュースの解説記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

新幹線、開発中の新型車両の「鼻」がさらに長く伸びた理由

JR東海、JR東日本が開発中の新幹線新型車両。JR東の「ALFA-X」は、22メートルものロングノーズを持つ先頭車両が特徴的だ。元祖である「0系」の丸い鼻からスタートした新幹線の顔は、なぜ変化し続けるのだろうか。

  • 絶えず進化する新幹線の「顔」22mのロングノーズ車両も登場!
  • 騒音対策と乗り心地向上に寄与するロングノーズ
  • 新幹線の技術革新が在来線にも貢献

関連記事

【商業記事紹介】新幹線の延伸区間、なぜ最高260km/hなのか 九州・北陸・北海道…「速度制限」の謎

 

【商業記事紹介】北海道新幹線が狙う高速化、飛行機とのシェア争いは新局面へ?