【商業記事紹介】相鉄・JR直通線工事でもフル活用!輸送力向上の「打ち出の小槌」

ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンドオンラインで鉄道時事ニュースの解説記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

相鉄・JR直通線工事でもフル活用!輸送力向上の「打ち出の小槌」

今年末にも開業見込みといわれる「相鉄・JR直通線」の工事が大詰めを迎えている。といっても、実は線路を新設するのはたった2.7kmの区間のみ。そのほかは、既存の貨物線などを縫うように走る電車なのだ。実は東京圏や大阪圏などの大都市圏では、この「貨物線の旅客転用」が輸送力アップの秘密兵器として活躍している。

  • 相鉄・JR直通線工事が大詰め 線路新設は2.7kmのみ
  • 輸送力アップの打ち出の小槌!? 貨物線再開発は今後も続く