【商業記事紹介】地下鉄工事はどう変わったか 「開削」から「シールド」へ

乗りものニュース(プレミアム)

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

地下鉄工事はどう変わったか 「開削」から「シールド」へ

地下鉄の工事で必ず建設されるのがトンネル。山間部のトンネルと異なり、通常はトンネルの上に市街地があります。これらに影響しないよう慎重に建設しなければなりません。その工事方法の移り変わりを見てみましょう。

  • 工事期間の短縮にトンネル工法の歴史あり
  • 上から掘り進む「開削工法」の誕生
  • 開削工法に不可欠な「土留め」
  • トンネルが自分で沈んでいく「潜函工法」
  • 横から掘る「シールド工法」
  • 最初のシールドマシンは「人力」だった