【商業記事紹介】西日暮里「謎の踏切」が物語る常磐線のルーツ 「貨物線」が日本経済を支えた

DANRO

朝日新聞が運営する、「ひとりを楽しむ」をコンセプトにしたウェブメディア「DANRO」で、鉄道と街の成り立ちに関するコラムを不定期で執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

西日暮里「謎の踏切」が物語る常磐線のルーツ 「貨物線」が日本経済を支えた

道灌山通りは10本の線路が並ぶJRの高架線と、日暮里・舎人ライナー、京成線の下をくぐります。さらにその下に地下鉄千代田線が走るという、都市鉄道ならではの複雑な立体交差です。

ところが、この立体交差から東へ200メートルほど進むと、都心には不似合いな踏切に出くわします。「日暮里道踏切」です。この踏切、眺めていてもなかなか列車はやってきません。ようやく踏切が鳴動し、遮断機が降りたかと思うと、やってきたのは赤い機関車がけん引するコンテナ列車。そう、ここは貨物線の踏切なのです。

  • 貨物の拠点、隅田川駅
  • 常磐線の「起点」は田端駅だった
  • 常磐線の急カーブのワケ