【商業記事紹介】2018年の鉄道を振り返る 新型特急デビューや地下鉄民営化

乗りものニュース

乗りものニュースで、鉄道ニュースの解説、鉄道豆知識などの無料記事を不定期で執筆しています。

2018年の鉄道を振り返る 新型特急デビューや地下鉄民営化

2018年は、小田急が複々線化による抜本的な混雑緩和を図ったほか、新型特急ロマンスカー「GSE」も導入。関西では東京に次ぐ地下鉄の民営化がありました。一方でJR北海道の経営問題や災害、セキュリティなど課題も目立つ年でした。

  • 東の「複々線化」と西の「民営化」
  • 車内での「不測の事態」どう対応する
  • 被害を最小限に抑えた「計画運休」

関連記事

祝!小田急複々線化完成―90年で100倍になった利用者をどう運ぶか

【商業記事紹介】大阪メトロ民営化で注目、「脱鉄道で収益アップ」に現実味はあるか

【商業記事紹介】新幹線で凶行が繰り返されてもセキュリティ対策が充実しない理由

【商業記事紹介】JR西日本の「計画運休」に称賛の声、台風21号から乗客守る