【商業記事紹介】「混雑率300%」に挑んだ戦後の時差通勤

乗りものニュース(プレミアム)

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

「混雑率300%」に挑んだ戦後の時差通勤

「時差通勤」はもともと戦時の非常態勢を乗り切るために考案されたものでしたが、終戦後しばらくして再び時差通勤が奨励されます。混雑率が300%台という危機的な状況に...

前回記事の続編です)

「時差通勤」はもともと戦時の非常態勢を乗り切るために考案されたものでしたが、終戦後しばらくして再び時差通勤が奨励されます。混雑率が300%台という危機的な状況に、国や国鉄はどのように取り組んだのでしょうか。

  • 戦時の時差通勤は「非常手段」
  • 高度経済成長に伴い「非常手段」再び
  • 「国電大混乱」が国に与えた衝撃
  • 佐藤栄作も驚いた新宿駅の大混雑
  • 「非常時対応」から「快適通勤」に変わった時差通勤論

関連記事

総力戦と時差通勤―時差通勤はなぜ定着しないのか