【商業記事紹介】戦時中に行われた「時差通勤」 その効果はあったのか

[1937-1945]戦時輸送の時代

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

戦時中に行われた「時差通勤」 その効果はあったのか

東京都が掲げる「満員電車の解消」の一環として時差通勤キャンペーン。しかし発想自体は新しいものではなく、日本では戦時輸送の改善策として実施されたことがありまし...

東京都が掲げる「満員電車の解消」の一環として時差通勤キャンペーン。しかし発想自体は新しいものではなく、日本では戦時輸送の改善策として実施されたことがありました。実際に混雑の分散効果はあったのでしょうか。

  • 東京都知事の「肝いり」プロジェクト
  • そのきっかけは戦争だった
  • 戦時輸送で認識された「貨物より工員」
  • 東急の五島慶太も語った時差通勤論
  • 勤務時間をずらせたのは官庁だけ

以前当ブログで取り上げた記事を、商業向けに深掘りした記事です。

関連記事

総力戦と時差通勤―時差通勤はなぜ定着しないのか