【商業記事紹介】電車内広告はオワコンか?山手線きっかけで広がる新たな動き

ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンドオンラインで鉄道時事ニュースの解説記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

電車内広告はオワコンか?山手線きっかけで広がる新たな動き

山手線で導入が進められているE235型の新型車両。外観も特徴的だが、車内に入って驚くのは窓の上にずらっと並ぶデジタルサイネージ(電子看板)だ。JR東日本が山手線...

山手線で導入が進められているE235系の新型車両。外観も特徴的だが、車内に入って驚くのは窓の上にずらっと並ぶデジタルサイネージ(電子看板)だ。JR東日本が山手線を皮切りに進めている車内広告のデジタル化は今後、同社のほかの路線はもちろん、ほかの鉄道事業者にも広がっていきそうだ。

  • 鉄道広告でダントツの出稿単価を誇る山手線から始まった広告デジタル化
  • JR東は山手線以外にも広告デジタル化を拡大
  • 首都圏であっても私鉄路線は自社広告だらけのケースも