【商業記事紹介】戦前に考えられた東京の「地下急行線」構想

[1937-1945]戦時輸送の時代

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

戦前に考えられた東京の「地下急行線」構想

日本の地下鉄を走る列車の多くは各駅停車。途中駅を通過する急行列車は少数派です。しかし、戦前には急行列車専用の地下鉄路線を建設しようと提案した人がいました。

日本の地下鉄を走る列車の多くは各駅停車。途中駅を通過する急行列車は少数派です。しかし、戦前には急行列車専用の地下鉄路線を建設しようと提案した人がいました。

  • 「複々線」が少ない日本の地下鉄
  • 計画修正で建設の「順番」決まらず
  • 段階的整備を提唱した「須之内論文」
  • 急行線は「独立」ルートで建設
  • 営団の緊急施行線、そして戦後の直通構想へ