【商業記事紹介】地下鉄車両の「顔」 東京地下鉄道から営団、メトロまで

乗りものニュース(プレミアム)

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

地下鉄車両の「顔」 東京地下鉄道から営団、メトロまで

日本初の地下鉄として東京地下鉄道(現在の東京メトロ銀座線・上野~浅草間)が開業してから90年。そこを走る鉄道車両も何度か代替わりしました。東京メトロの地下鉄各...

日本初の地下鉄として東京地下鉄道(現在の東京メトロ銀座線・上野~浅草間)が開業してから90年。そこを走る鉄道車両も何度か代替わりしました。東京メトロの地下鉄各線に導入された鉄道車両の先頭部デザインはどのように変わったのか、その流れを見てみます。

  • インパクトと伝統を重視する鉄道車両のデザイン
  • 【銀座線】日本初の地下鉄車両1000形
  • 従来車両のイメージから脱却した01系
  • 【丸ノ内線】サインウェーブが特徴的な300形
  • 「おでこ」の丸みと行先表示器
  • 【日比谷線】営団初の相互直通運転用車両3000系
  • 日比谷線の系譜―横の丸みと曲面ガラス
  • 似ていてもそれぞれの個性がある兄弟たち