【商業記事紹介】戦後再び浮上した「大東急」構想 五島慶太の「私見」とは

[1946-1956]鉄道と戦災復興

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

戦後再び浮上した「大東急」構想 五島慶太の「私見」とは

戦後、東京圏の鉄道とバスを全て経営統合しようという考えをぶち上げた人がいました。戦前から戦時中にかけて「大東急」と呼ばれる鉄道ネットワークを構築した東急グル...

戦後、東京圏の鉄道とバスを全て経営統合しようという考えをぶち上げた人がいました。戦前から戦時中にかけて「大東急」と呼ばれる鉄道ネットワークを構築した東急グループの創始者・五島慶太です。彼はなぜ、鉄道の統合を再び目指したのでしょうか。

  • 東京の鉄道を全部統合
  • 五島慶太の「東京都の交通調整に対する私見」
  • 「役人はつまらない」実業家に転身
  • 手中に収めた地下鉄を取り上げられる
  • 「強盗」が再び「統合」目指す
  • 「大統合」の第一歩は山手線に直通?

関連記事

【新橋駅幻のホームの謎を追え!】第4回 五島慶太あらわる

【商業記事紹介】東急電鉄の都心直通構想 100年越しの「野望」の変遷