【商業記事紹介】東急電鉄の都心直通構想 100年越しの「野望」の変遷

[1903-1913]電車黎明期

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

東急電鉄の都心直通構想 100年越しの「野望」の変遷

現在の東急電鉄は地下鉄4路線と相互直通運転を実施しています。そこには100年以上から積み重ねられてきた、東急の都心進出の「野望」がありました。

現在の東急電鉄は地下鉄4路線と相互直通運転を実施しています。そこには100年以上から積み重ねられてきた、東急の都心進出の「野望」がありました。

  • ずっと昔から考えられてきた東急の都心直通
  • それは川崎を目指した私鉄から始まった
  • 広尾を起点に横浜や蒲田を目指す
  • 東京高速鉄道に五島慶太が参画
  • 地下鉄との相互直通運転

関連記事

【新橋駅幻のホームの謎を追え!】第2回 東京地下鉄道と東京高速鉄道

【新橋駅幻のホームの謎を追え!】第4回 五島慶太あらわる