【商業記事紹介】浮かんでは消えた「都営地下鉄」構想 「営団」廃止の主張も

[1914-1926]都市交通のめばえ

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

浮かんでは消えた「都営地下鉄」構想 「営団」廃止の主張も

東京の地下鉄は現在、民営9路線と公営4路線で構成されています。公営の地下鉄は終戦から15年後に開業していますが、実は戦前から計画と挫折を繰り返していました。どの...

東京の地下鉄は現在、民営9路線と公営4路線で構成されています。公営の地下鉄は終戦から15年後に開業していますが、実は戦前から計画と挫折を繰り返していました。どのような経緯で戦後まで「先延ばし」されたのでしょうか。

  • 不採算路線を押しつけられた?
  • 路面電車から始まった東京の公営交通
  • 構想の浮上と挫折を繰り返す
  • 「相互乗り入れ」を採り入れた戦後の計画
  • 運輸大臣諮問機関での調整を経て建設へ

関連記事

大阪メトロと東京メトロの名前に宿る地下鉄100年の歴史

【新橋駅幻のホームの謎を追え!】第2回 東京地下鉄道と東京高速鉄道