【商業記事紹介】100年先の鉄道を見通した男がいた 国鉄「アイデアマン」木下淑夫が目指したもの

[1903-1913]

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

100年先の鉄道を見通した男がいた 国鉄「アイデアマン」木下淑夫が目指したもの

100年先の鉄道を見通した男がいた 国鉄「アイデアマン」木下淑夫が目指したもの |...
訪日外国人観光客の誘致が叫ばれる昨今ですが、実は100年以上前にも訪日客の獲得をもくろみ、さまざまな施策を実施した国鉄職員がいました。彼はどのような経緯で「イン...

訪日外国人観光客の誘致が叫ばれる昨今ですが、実は100年以上前にも訪日客の獲得をもくろみ、さまざまな施策を実施した国鉄職員がいました。彼はどのような経緯で「インバウンド」を推進しようと考えたのでしょうか。

  • 時代を先取りした男
  • 官鉄にサービスと営利を…寝台車や食堂車の導入を推進
  • 留学経験を機に「インバウンド」推進
  • 自動車時代を見据えた木下の鉄道観
  • 建主改従派の不興を買って左遷

関連記事

定期券の割引率を決めた人のはなし―定期券と遠距離逓減制の意外な関係