【商業記事紹介】谷を埋めたり遊休地を譲り受けたり 苦労が絶えなかった地下鉄車庫の用地確保

[1914-1926]都市交通のめばえ

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

谷を埋めたり遊休地を譲り受けたり 苦労が絶えなかった地下鉄車庫の用地確保

関東大手私鉄の多くは山手線の駅から郊外に伸びています。終戦直後には山手線を越えて都心に乗り入れる構想が多数浮上しましたが、最終的には地下鉄との相互乗り入れに...

ビルが密集している都心の地下を貫く地下鉄の整備では、車両基地の建設用地を確保するのがひじょうに難しいといえます。これまで建設されてきた地下鉄の車両基地は、どのように建設されたのでしょうか。

  • 車庫は地下鉄建設における最大のネック
  • 仮設だった銀座線の上野車両基地
  • 谷を埋めて作った丸ノ内線の小石川車両基地
  • 丸ノ内線の中野車両基地は戦前に用地確保
  • 国鉄から譲ってもらった日比谷線千住車両基地