【商業記事紹介】引退電車はどこへ行く? 新型車両ラッシュで大量発生

ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンドオンラインで鉄道時事ニュースの解説記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

引退電車はどこへ行く? 新型車両ラッシュで大量発生

さまざまな技術革新によって、鉄道車両の入れ替えスピードが増している。かつては40〜50年ほど使用することが一般的だったが、今では15年足らずで引退となるケースも。...

さまざまな技術革新によって、鉄道車両の入れ替えスピードが増している。かつては40~50年ほど使用することが一般的だったが、今では15年足らずで引退となるケースも。大量に発生している引退車両は一体、どこへ行くのだろうか?

  • 日比谷線で新型車両の導入が進む 4ドアで快適性も格段に進歩
  • 技術革新が進む現代は大量生産、一括更新がトレンド
  • 大量の「リタイア組」をどうするか 車両の“再雇用”あれこれ
  • 外で第二の人生を送る例もあるが 一番多いのは解体・再資源化

関連記事

丸ノ内線の赤い新車はなぜ「丸」い? ―デザインモチーフに込められたDNA