【商業記事紹介】着工したけどすぐ中止 戦時中に動いた東京の地下鉄計画とは

[1937-1945]戦時輸送の時代

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

着工したけどすぐ中止 戦時中に動いた東京の地下鉄計画とは

東京の地下鉄は現在の東京メトロ銀座線を除き、すべて戦後に開業しています。実は戦時中、現在の丸ノ内線に相当する路線が一部の区間だけ着工しましたが、資材不足など...

東京の地下鉄は現在の東京メトロ銀座線を除き、すべて戦後に開業しています。実は戦時中、現在の丸ノ内線に相当する路線が一部の区間だけ着工しましたが、資材不足などの影響ですぐに中止されました。

  • 戦時体制下に産み落とされた「交通営団」
  • 戦後の営団再出発と丸ノ内線構想
  • 「相互直通運転」は戦時中に考えられていた
  • 交通営団がまとめた「緊急施行線計画」とは
  • 大阪で使った建設資材を活用
  • 工事はすぐに中止も戦後の「礎」に

関連記事

戦前に計画された赤坂見附駅ホームの痕跡を見てきた