【商業記事紹介】小田急は東京駅に乗り入れるつもりだった 知られざる戦後の都心直通構想

[1914-1926]

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

小田急は東京駅に乗り入れるつもりだった 知られざる戦後の都心直通構想

小田急は東京駅に乗り入れるつもりだった 知られざる戦後の都心直通構想 | 乗りも...
関東大手私鉄の多くは山手線の駅から郊外に伸びています。終戦直後には山手線を越えて都心に乗り入れる構想が多数浮上しましたが、最終的には地下鉄との相互乗り入れに...

関東大手私鉄の多くは山手線の駅から郊外に伸びています。終戦直後には山手線を越えて都心に乗り入れる構想が多数浮上しましたが、最終的には地下鉄との相互乗り入れに変わりました。かつて東京駅を目指した小田急の計画の変遷を見てみましょう。

  • 都心への乗り入れを拒む「壁」とは
  • 無理に乗り入れなくても…山手線にターミナル
  • 戦後混乱の「隙」ついて乗り入れ計画再び
  • 徐々に変わった小田急の都心乗り入れ計画
  • 「混雑緩和」と「収入減」…交通調整の限界

関連記事

祝!小田急複々線化完成―90年で100倍になった利用者をどう運ぶか
いよいよ今週末3月17日から、小田急線の新ダイヤによる運転が始まります。今回工事が完成したのは東北沢から世田谷代田の1.6㎞。これで複々線化済みの区間を加えて代々...