【商業記事紹介】東京の鉄道文化を決定づけた明治の決断 「外濠」が生み出した中央線

[1872-1902]鉄道創成期

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

東京の鉄道文化を決定づけた明治の決断 「外濠」が生み出した中央線

東京都心を東西に横断しているJR中央線は江戸城の外側の堀に沿って線路が敷かれています。そのルート選定の背景には、鉄道と道路を立体交差させるという明治時代の「決...

東京都心を東西に横断しているJR中央線は江戸城の外側の堀に沿って線路が敷かれています。そのルート選定の背景には、鉄道と道路を立体交差させるという明治時代の「決断」がありました。

  • 馬車鉄道から始まった東京の軌道交通
  • 最初に都心に線路を伸ばしたのは中央線
  • 東京の骨格を決めた「市区改正」と鉄道計画
  • 地上の鉄路は「道路に支障」明治期から主張
  • 7本の路線網を掲げた日本初の都市鉄道構想
  • 甲武鉄道によって実現した市街鉄道

関連記事

【東京都市交通博物館 第1回】100年以上前に中央線を走っていた通勤電車の祖先―デ963形