【商業記事紹介】いまも痕跡が見られる! 東京メトロ丸ノ内線に残る池袋「仮駅」の謎

[1946-1956]鉄道と戦災復興

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

いまも痕跡が見られる! 東京メトロ丸ノ内線に残る池袋「仮駅」の謎

東京メトロ丸ノ内線の池袋駅は開業からしばらくの間、仮設のホームと改札口を使っていました。その名残はいまも見ることができます。それにしても、なぜ最初は「仮の姿...

東京メトロ丸ノ内線の池袋駅は開業からしばらくの間、仮設のホームと改札口を使っていました。その名残はいまも見ることができます。それにしても、なぜ最初は「仮の姿」だったのでしょうか。

  • 巨大ターミナルの片隅にある「幻の地下ホーム」
  • 鉄道が作ったまち、池袋
  • 国鉄の線路を「下支え」してトンネル構築
  • 仮駅時代のホームは「島式を囲む相対式」
  • 仮駅時代の改札口は定期券うりばに
  • いまも残る仮駅時代の痕跡