【商業記事紹介】実は一度だけ復活した「幻のホーム」 空襲が生み出した銀座線新橋駅の歴史

[1937-1945]

乗りものニュースプレミアムで毎週都市交通の歴史にまつわる記事を執筆しています(記事一覧はこちらからご覧いただけます)。

月額398円(税抜)のプレミアム会員限定の記事ですが、会員でない方も記事の一部は読めます。興味があれば是非ご加入いただけますと幸いです。

実は一度だけ復活した「幻のホーム」 空襲が生み出した銀座線新橋駅の歴史

実は一度だけ復活した「幻のホーム」 空襲が生み出した銀座線新橋駅の歴史 | 乗り...
銀座線の新橋駅に残る「幻のホーム」は、鉄道ファンのみならず一般の人にもよく知られた存在です。このホームは戦前のわずか8か月間しか使われなかったといわれています...

銀座線の新橋駅に残る「幻のホーム」は、鉄道ファンのみならず一般の人にもよく知られた存在です。このホームは戦前のわずか8か月間しか使われなかったといわれていますが、実は戦時中には期間限定で「復活」したことがあります。

  • 有名な旧ホームに隠されていたエピソード
  • 2社の地下鉄建設が「幻のホーム」生み出す
  • 工事の遅れがきっかけだったホームの暫定使用
  • 銀座の空襲で地下鉄の施設も損傷
  • 応急措置で4区間に分けた折り返し運転を実施
  • 複雑な運転形態で幻のホームが復活

関連記事

1月27日、土曜日。銀座は曇り、ところにより500㎏爆弾

【新橋駅幻のホームの謎を追え!】第1回 幻のホームはどのように語られてきたか