【城東電気軌道百年史特別企画 第4回】城東電気軌道を踏み台にした男―詐欺師高柳淳之助(上)

城東電気軌道百年史

昨年12月のコミックマーケット93で、ちょうど100年前の1917年12月30日に開業した幻の電車「城東電気軌道」に関する本を発表しました。引き続き書泉での書店委託及び通信販売で好評発売中です(詳細は下記特設サイトまで)!

城東電気軌道百年史
(更新履歴) 2018年2月28日 書泉に増刷分を入荷しました、また自家通販の体制を変更しました 2018年1月11日 正誤表を作成しました(申し訳ございません) 2018年1月9日...

より多くの方に本書を知っていただくとともに、読者の反応から今後の研究の方向性を探るために、本書に補遺として収録した「本論では取り上げきれなかったトピックス」を再編集のうえ順次公開していきます(これまでの記事はこちら)。

 

補遺5:高柳淳之助と城東電気軌道

高柳淳之助は1882(明治15)年、茨城県で農家の次男として生まれました。小学校教員を7年務めた後、通信教育教材の販売で成功し独立すると、「金をふやす法 致富秘訣」「地方必適金もうけ案内」「少額資本実業成功法」など投資や貯蓄をテーマにした著作をヒットさせ、さらに「誰にもできる一万円貯金」をキャッチフレーズに雑誌や新聞を次々と発行しました。

高柳はやがて情報商材の販売だけでなく、自ら会社を建てて投資を募るようになります。自分が経営する新聞・雑誌で、自分の会社への投資を勧誘するのですが、その実態は詐欺的なものでした。

高柳の編み出した手法は情報の乏しい地方の小金持を狙って、東京貯蓄新聞等を送りつけ、彼の巧妙な文章で勧誘するというもので、高柳の勧誘分を読むと「多少でも貯金思想のある者だったら誰でも一度は照会」してしまうほど巧みなものであった。この手で「実際を知らぬ地方人や、東京市内の財界に疎い者」を対象に「全国各地数万人に自分経営の会社のぼろ株を売りつけ」たとされる。

出典:小川功 (2004)「“虚業家”集団『高柳王国』の形成と崩壊」『彦根論叢』351, 滋賀大学

高柳の集金システムの中心となったのが現在の東急池上線の前身「池上電気鉄道」でした。

東急池上線:出典

池上電気鉄道は1914年に免許されるも資金難から工事に着手することができず、1921年には免許取り消しが確実視されて1株2円まで暴落していたところを、高柳らのグループが買い占めたのです。

一部でも開通させれば免許を取り消されることはないと踏んだ高柳は、1922年4月に社長就任するとすぐに用地買収に取り掛かり、なんと同年10月に池上・蒲田1.8㎞を単線で開業させました(アイキャッチ画像は開業時に使われた車両)。

その強引な進め方について、高柳本人が次のようなエピソードを語っています。

買収をかたくなに拒絶する居酒屋の老婆には社長自ら交渉に乗り出した。高柳は不動産ブローカーを装って居酒屋で酒を飲み,「婆さん安く売っちゃダメだよ。オレに任せろ,オレに。一番高く売ってやる」と,天才ぶりを発揮した。さぞや老婆の目には高柳の風体は池上電気鉄道の社長様にはとても見えず,怪しげな凄腕の不動産屋そのものに映って,一寸の疑念も抱かなかったことであろう。高柳の迫真の演技力に老婆はすっかり信用して高柳に白紙委任状を手渡し,さしもの用地買収上の難問も一挙に解決,「土地は全部オーケーだ。サア工事だ」と着工できた経緯を高柳は得意気に自伝に書いている。

出典:小川功 (2004)「“虚業家”高柳淳之助による似非・企業再生ファンドの挫折」『滋賀大学経済学部研究年報』11

こうした工事資金は、タダ同然で買い占めた池上電気軌道の株券を、地方で「前途有望な鉄道会社」などと称して高値で売り出すことで捻出されました。東京のローカル鉄道にも拘らず株主は北海道から四国・九州まで2千8百人以上にもいたそうです(同時期の城東電気軌道の総株主数の10倍以上)。

(大正)14年夏に高柳金融から発行された『利益保証。買戻特約。有価証券の売出し』の印刷物は「池上電車は株価昂騰と利益配当と合せて年二割五分九厘の利回りとならん」「これより有利確実なるものは他に決してあるべからず」「借金しても買って置くべき資産株はこれ」と宣伝に努めた。

出典:同上

最終的に金融犯罪「池上事件」として詐欺・横領・背任等で検挙され収監されるに至る、高柳淳之助の池上電気鉄道買い占めの発端となったのが、城東電気軌道だったのです。彼は城東電気軌道を踏み台にして池上電気鉄道に魔手を伸ばしました。(次回に続く)

 

(池上電気鉄道に興味を持った方はこちらのサイトもおススメです)

池上電気鉄道の興亡シリーズ開始
今年(2012年)は、東急電鉄のお知らせ「池上線開業90周年キャンペーンを開催中...